ライオンズクラブ国際協会332ーE地区 山形県のライオンズクラブ

HOME > ガバナー紹介

ガバナー紹介

332-E地区ガバナー 浅賀  隆

 2018年~2019年 ガバナー

浅賀  隆

 

ご挨拶
奉仕はライオンズの存在理由であり、私たちがライオンズメンバーであり続けるのもそのためなのです。ライオンズクラブは単一クラブの活動、奉仕が基本であります。
その中で今、人々の奉仕の仕方が変わってきています。クラブもそうした変化に合わせる必要があります。クラブは柔軟性をもって変化を受け入れ、今日のボランティアの声に耳を傾け、変化し続けるニーズを受け止めなければなりません。未来へ永遠に続くライオンズの力を信じ、共に活動する市民や他団体と奉仕モデルを構築し、332-E地区56クラブ、2040余の会員一人ひとりが奉仕の意味、その大切さを理解し多くの人々に理解され、感謝される奉仕活動に取り組んでいきましょう。
新会員を招請することでクラブはより多く人に奉仕することが可能になります。これは地域社会のニーズが増え続ける中で極めて重要なことであります。新会員の入会は、クラブに新たな活力と新しいアイディアをもたらすことに繋がります。魅力ある、そして楽しいクラブ作りを目指し、会員維持、会員増強に努めてまいりましょう。
また、社会の経済状況が大きく変わっていく中で、ライオンズの未来はどうあるべきか、未来に向けてどのような改革を進めていかなければならないかを研究提案する若いリーダーの育成、女性リーダーの発掘が大きな課題であろうと思います。地区内、クラブ内にライオンズクラブが更なる未来を目指す為に次代を担うリーダーの育成を計っていきます。地区のガバナーテーマを「友愛、奉仕 そして未来への約束」として、アクティビティ・スローガンを「地域に新たな風を」~踏み出そう前へ、みつけよう新たなウィ・サーブ~としました。皆様方の心優しい、そして力強い御協力が、クラブの充実に繋がっていくものと思います。
クラブが順調に発展し、成功し続けられる様、クラブ活動に理解を深め、強力な支援を差し伸べられる様な地区運営を目指していきます。